TOP

風俗で良い思いをしたときの体験談です。

ちょっとした責めにも凄く過剰に反応

女性も有る程度の年齢を過ぎるとそれまでとは違った自分になっている事に気づく事がおおくなるそうです。30代の後半を過ぎると身体が疼くという現象を非常に多くの方が経験されると聞きました。そのせいでしょうか、ちょうどこの年代に方の風俗デビューがとても多いのです。T浦でもその兆候は変わってはいないようです。Sさんも丁度その時だったようです。偶然でした。業界未経験の人妻のデビューだと言われて喜び勇んで行ったました。Sさんは優しさが滲み出すような感じがしていました。しかし、風俗デビューという緊張感は最高潮だったと思います。最初は本当に凄く緊張していたようです。初めて風俗として男の前に身体を出すのですから当然でしょう。でも、その初々しさが凄く興奮しました。フェラする前の一瞬の躊躇もほかでは経験したことのない新鮮さでした。ちょっとした責めにも凄く過剰に反応していたのもそういった事も原因だったのかも知れません。滅多にない良い体験をしました。


気持ちよさだけを求めて行きたいと思う

I袋のホテルに入って、M性感マッサージが始まっています。アイマスクを外されると顔の上にまたがっていて、綺麗な網タイツを履いた美脚が目の前に。脱がして頂戴の言葉通りにゆっくり脱がしてパンティーも脱がしたらそのまま顔面騎乗。女の子のおまんことっても綺麗でびっくりでした。そこからちょっとシックスナインをし、また私の下半身の方へ移動していきその美脚で、足コキ。これがもう最高に気持ちがいいです。イきそうになったところで次は、肛門へ。指を入れ、指が入ったら次は小さい棒がヌルッと入っていき優しくグリグリグリ、もうちんぽはビンビンです。うまく力が抜けているらしくそのまま次は、いよいよ肛門バイブです。パールが、7つほど繋がった物が肛門へ入りスイッチオン・・・今までに味わったことの無い快感が・・・。スイッチを入れたまま亀頭をやさしくナデナデシコシコ、これはさすがに、逝ってしまいました。しかし。そのまま手は止まらず宙を飛んでいってしまいそうな感じでした。潮吹きまではいけなかったのですが、何かが頭の中でぶっ飛びました。